2009年01月13日

山口遠征(最終日)

 今朝も5時半に起床。ニュースとインターネットで雪と気温の状況を確認し,どうするか?暫く考えた。
 西の聖地「オノアサ」ももう一度行ってみたいが,この天気では露出が心配。少しでも時間が遅くなる西の方がいいかな?と考えて埴生〜小月間のポイントへ。下見はしていなかったが電車で往来した時に見ておいたのでたぶん大丈夫だろう。
 ホテルをチェックアウトして真っ暗で雪が降る道をゆっくりと西へ向かった。途中のコンビニでおにぎりを調達して撮影ポイントへ到着。視界(アングル)を確認して雪が小降りになるまで,車内でセッティングしながら待機。願いが通じたのか小降りになった。このまま通過までもってくれ〜。
 直前の上り電車が通過して行った。これと入れ替わりにくるはず。何とかなるかもと今回の遠征で初めてのビデオもセットしておいた。
 遠くにライトが見えた。きたか?長い直線区間のアップダウンでいったんライトが見えなくなったがぐんぐん近づいてくる。ちょっと画角を誤り,両端がスカスカ気味だが何とか撮影できた。雪景色とまではいかなかったものの,カンが真っ白なのと民家の屋根が白いので良しとしよう。

20090113_DSC_2944.jpg
■山陽本線 埴生〜小月 1レ

 機材を撤収して車に乗り込むと同時に,また雪が降ってきた。よかったァ〜。
 さて,飛行機の時間までロケハンでもしておくか,次回のために。今回の遠征で行けなかった「オノアサ」へ寄ってみると2名いらっしゃった。雪を巻き上げてくるカマをアップで撮るために400mmをセットされていた地元の方に話を聞かせていただき,カモレでも撮っていこうと待ってみたがウヤなのかこない。そこへ最近動き始めたばかりの岡太郎153号機が,カラコキ車を引連れて走り去って行った。2名は引き揚げて行ったが,ダイヤ上はもう1本くるはず,と待つこと15分。EF66-112号機牽引のカモレが通過して行った。

20090113_DSC_2961.jpg
■山陽本線 小野田〜厚狭

 お役御免となった三脚を送ることができるように整理し,もう1箇所へ向けてオノアサを出発。今回のおさらいとして1レを撮影した本由良〜厚東のポイント横を通過しておいた。
 目的地に到着。ダイヤを確認するとまだ撮れそう?80-200のレンズを付けたままのカメラを抱えて撮影場所へ行ってみた。長い編成には不向きだが短い分にはよさそうなのでしばらく待機。踏切がなっているのが聞こえるので構えていると,お目当ての回送気動車が山口色の5両編成で通過して行った。

20090113_DSC_2964.jpg
■山陽本線 本由良〜嘉川

 この場所の状況をコンデジで撮影して今回の撮影は全終了となった。
 今回,ロケハンやら早朝移動に貢献してくれたレンタカーの走行距離200km程度。割高かもしれないが良しとしよう。
 1本早い便に変更し,ついでにプレミアムクラスへのアップグレードを行使して機内の人となった。

●山口宇部12:35→NH696→14:00羽田
 機内で軽食を食べながら外を見ていると,すぐ傍をJAL機がかすめて行った。ニアミスか?とも思ったが,回避処置をとったようでもない。客室乗務員と話をすると,航路が変わった関係で案外あるのだそうだ。
 往路ちょっとだけしか見えなかった富士山を着陸時まで確認しながら定刻に羽田に到着。
 都合のいいリムジンバスが無いため,いつもと違って京急線と都営線を乗り継いで帰宅した。
 山口まで撮影目的の旅,まずまずの収穫があった。
 もう1回行くチャンスがあるかな?
posted by ttoyo64 at 22:34 | Comment(2) | 2008年冬