2008年03月30日

東海地区へ

 翌日の天気予報では雨なのだがこの機会を逃すと行けそうにないので,午後からゆっくり出発して一路富士へ。

●東京15:33→3765M→17:07熱海17:09→457M→17:58新蒲原18:07→832M→18:15富士
 東京を発車する頃にはポツポツと雨が落ちてきた。
 座席下にあるヒータの熱と格闘しながら熱海に到着。運よく向かいホームに停車中の浜松行きに乗り換えて富士へ。一応桜の開花状況と撮影地の状況を電車の窓から確認するために新蒲原まで乗車した。が桜は咲いていたようだが,場所は暗くて分からなかった。
 折り返してもう一度確認。フェンスはあるものの何とかなりそう?として富士へ戻った。
 一旦ホテルにチェックイン後,「富士・ぶさ」をバルブするため再度富士駅へ。「さくら」等の懐かしい文字が残っている5番線のホームをうろうろしながら乗車口と機関車の停止目標を探した結果,前出し気味になりそうなのでヘッドマークを諦めてスタンバイすることに。
 停車直前を撮影する方もおられたが,面倒なのでそのままの位置でセッティング完了。うわッホテルにレリースと水準器を忘れてきてしまった!
 ほぼ定刻にEF66-48牽引の1レが入線。レリースがないので,バルブではなくシャッター時間指定で撮っておいた。

20080330_DSC_0354.jpg
■東海道本線 富士駅 富士駅で小休止する1レ

 この後,近くのイトーヨーカドーで食糧を調達してホテルに戻った。
posted by ttoyo64 at 21:05 | Comment(0) | 2008年春
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。