2009年03月14日

ありがとう九州寝台特急

 発達した低気圧の通過に伴い・・・天気予報どおりに各地で大雨。しかも,事故で上り最終の「富士・はやぶさ」も遅れているとのこと。
 晴天ならここ・・・と決めておいた場所では意味を成さない。どうするか迷ったが大磯のロケハンしておいた場所へ向けて息子と出発。いつものように川崎ICから東名高速で厚木へ。横風が強く何度かハンドルを取られそうになりながらも何とか二宮ICで降りて下道へ。確かこの辺・・・案の定?行き過ぎてしまったものの現着。げげッ!先客が・・・。
 高いコンクリートの塀があるため穴場で誰もいないと読んでいたのだが見事に外れてしまった。
 近くの公園の駐車場に車を止めて,線路沿いに右往左往しながら何とか場所を確保した。
 雨は降っているものの小雨程度なので助かった。掲示板によると1時間ちょっと遅れているとのことで,近くに居た方としばし鉄談義。やはりここは誰も来ないと考えていたとのこと。
 いろいろお話させていただくと,各地の有名な方のお名前がポンポン飛び出し,知人が静岡に行っていると話すとその方の知人も同じところで撮影していたらしい。世間は狭いな〜。
 雲が切れて少々明るくなった。上りの普通列車がビュンビュン通過していくので,高速シャッターを確保しておいた。
 そろそろかな?遠くにライトが見えた。ロクロクだ。ところがなかなか近づいてこない。ゆっくりゆっくり線路をかみ締めるように通過して行った。運転士や乗客に向かって手を振ると汽笛一発,乗客も手を振り返してくれた。思わずジーンときてしまった。
 通過した車両には反射板が取り付けられており,東京到着後に九州へ回送されるはず。ただ,時間が分からないため待つこともできず撤収。

20090314_DSC_3637.jpg
■東海道本線 二宮〜大磯 9002レ 上り最終「富士・はやぶさ」

 大学受験や就職上京の際,出世列車として利用した九州の寝台特急もついに終わってしまった。
 故郷九州とを繋ぐ列車として最後まで走ってくれた「富士・はやぶさ」。
 東京駅で九州へ向けて旅立つ寝台特急を見ることはできないが,記憶の中でいつまでも走り続けるだろう。
posted by ttoyo64 at 20:15 | Comment(1) | 2009年春
この記事へのコメント
「富士はやぶさ」ラストラン
http://blogs.yahoo.co.jp/fthfg353/12372893.html
Posted by 「富士はやぶさ」ラストラン at 2009年03月22日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。