2009年11月09日

ブルトレ郷愁の旅(返却回送)

 6時過ぎに起床。まだ夜が明けきれずに暗い。夕べの雨はあがっているものの通過時はどうだろう。調達しておいた朝食を食べながら天気予報と睨めっこ。
 河川敷に人影が見えた。朝の散歩中かな?んンッ!?三脚だ!えっ!?どうも堤防から撮影するようでスタンバイしておられた。画角確認すると・・・まっいっか。
 これまでほとんど使うことのなかったISO800だがこの位でないと十分なSSを確保できないようだが,これからはこの感度以上も多用しそう。
 荷物を車に積み込んでいつでもチェックアウトできる体制を整え,ホテルの窓を全開にして通過を待った。

20091109_DSC_0191.jpg
■長崎本線 諫早〜東諌早 回9886レ 本明川を渡る回送列車

 この絵のために選んだホテルだった。
 撮影後,即座に出発して土井崎付近を目指した。ヘッドマークがないため普賢岳をバックに・・・との考えていたのだった。ところが,肝心な普賢岳ははっきりと見えず霞んでしまっていた。しかも時間が経つにつれてさらに霞んでいった。
 とりあえず目的地に到着。しばし,見えるまで待機したものの駄目っぽい。普賢岳が見えなければただの風景写真と化してしまうので諦めて移動開始。目指すは桜の里展望台。と思ったが,展望台で撮るとその次が撮れない。まだ波瀬ノ浦付近で撮った方がもう1回撮れる可能性があるかも・・・と考え急遽,逆波瀬ノ浦大俯瞰へと目的地変更したのだった。80-200mmのズームで準備したが,背景の海も入れたいけど霞んで列車も目立たなそう。テレコンを付けるにも時間的に余裕がなくそのままで勝負ッ!

20091109_DSC_0200.jpg
■長崎本線 肥前大浦〜多良 回9886レ 霞む波瀬ノ浦を渡る回送列車

 中途半端なアングルになったが仕方ない。
 さらに北上して多良停車中に追い抜いたはず。展望台に間に合うか?と走るが案外遠い。信号で止まるたびに時刻表と睨めっこするが,とても無理そうなのでそのまま肥前山口へ。途中の踏み切りで抜き返された。
 この頃になると空も明るくなり陽も射してきた。何とか肥前山口停車中に再度抜き返して,牛津グリーンパークに到着。ちょうど白いかもめが通過して行ったので何とか間に合ったようだ。やや逆光気味だが強引に撮るしかない。直線区間でカシャ!ちょっと移動して牛津カーブでカシャ!

20091109_DSC_0208.jpg
■長崎本線 肥前山口〜牛津 回9886レ 佐賀平野を東進する回送列車

20091109_DSC_0212.jpg
■長崎本線 肥前山口〜牛津 回9886レ 牛津カーブを行く回送列車

 九州ではリバイバル等のイベントで走るようだが,また見ることができるだろうか?何か返却回送の後姿が寂しく見えた。
 今回は長崎空港から戻ることにしていた。元気があれば原田まで行こうと考えてはいたものの3月のリバイバルで被られたこともあり,明日からの仕事を考慮してゆっくり長崎空港へ戻ることにした。
 リバイバルさくらの時に選択しなかった場所を再確認。この時間はバリバリの光線となっていた。

20091109_DSC_0219.jpg
■大村線 松原〜千綿 天気の回復した大村湾をバックに

20090818_DSC_4810.jpg
■大村線 松原〜千綿 今年の夏(2009年8月18日)に撮影した同じ場所

 あッ!堤防が出来てる。
 長崎空港でレンタカーを返却して東京へ戻った。
posted by ttoyo64 at 22:39 | Comment(0) | 2009年秋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。